カテゴリー: オンカジ攻略に向けた考察

ビデオポーカーの傾向と対策

No Comments

ビデオポーカーは役を作ることが大切

ビデオポーカーで攻略法として出されているのは、とにかく役を作ることです。役を作らないまま適当にカードを変えて、配当を高くしようという方法は良くありません。
どの役を作れば勝ちやすくなるのか、現時点でもらっているカードを見て、理想的な役を実現するにはどうするのかを考えて、オンラインカジノのビデオポーカーは遊んでいくのです。

ビデオポーカーは1回しかカードを変えられない

ポーカーの中には、何度もカードを変えてもいいようなルールも存在しますが、ビデオポーカーの場合は1回しかカードを変更できません。
5枚のカードのうち、カードを変更したいと思っている場所を選択し、選択したカードを別のカードと入れ替えて役を作ります。
1回の変更後に、役ができているなら配当を得られて、何も役ができていないなら負けになります。

1回しか変更できないことを踏まえて、ばらばらのカードを提示されたときにどのような変更を行うのかが重要になります。
カードの数字が分かれていて、ストレートすら作れないような状態なら、かなり厳しいカードを得ていると思っていいでしょう。
1回しかカードを変えられないことを踏まえて、なるべく当たりやすい役も狙っていくのがいいでしょう。
なお、1ペアは役として認められていませんので、1ペアを狙う方法は避けるようにしてください。
例外として、ジャックオアベターであれば11以上のワンペアが的中扱いとなり、元返しの配当を得られます。

役を考えてビデオポーカーは遊ぶこと

役を考えないままビデオポーカーを進めてしまうと、当たらない回数が増えてしまいます。
もともと遊ぶために1ドルを使うことになり、一番高い配当を狙うためには5ドルの投入が必要となります。役を考えずに遊んでいると、一気にお金が足りなくなってしまうのです。

現時点で可能なレベルで、ビデオポーカーを遊んでいくのがいいでしょう。とにかく役を見てどれくらいなら狙えるのかを考えておくのです。
2ペアでもいいから当てに行くのがいいのか、それとも一発勝負を狙って他の役を作るために、全てのカードを変更するのかも考えておくといいでしょう。
カードの変更などによってドラマが生まれるのもビデオポーカーです。意外なカードが配布されて、大きな配当を得られる可能性も十分にありますので、思い切った勝負も時には必要です。
ただ、あまりにもお金を使っているようなら、無難な役から狙ったほうがいいでしょう。

ビデオポーカーの半分以上はペアすらできない

ビデオポーカーを遊んでいる人は、ペアすらできない状況にイライラしていることが多いでしょう。
実際に確率を探っていくと、1ペアすらできないような回数が多く、半分くらいの確率でペアもできません。つまり2回に1回くらいしか勝てないように作られているのがビデオポーカーと考えていいのです。

ビデオポーカーは当てるときにしっかりと稼ぎたい

1ペアすらできず、それ以外の役にもならない確率は50%くらいです。残りの半分が1ペア以上の役を作れますが、1ペアでは的中扱いにならないビデオポーカーも多数ありますので、1ペアを作っているだけでは駄目です。
1ペアの確率も40%以上ありますので、実際には90%くらいで負けるような状況が生まれると考えていいでしょう。
戦略を何も作らないまま、適当に変更していると、10回に1回しか勝てず、配当を得られない状況を生んでしまいます。

とにかく当てられるタイミング、特にフルハウス以上を狙えると思われる時には、しっかり狙ったほうがいいでしょう。フルハウスでしっかり稼げれば、10回に1回しか的中しない状況でも損失を軽減できます。
ビデオポーカーでは、当てられるときに一気に配当を得て、当たらない回数が多いときにも安心してゲームを続けられるようにしてください。
確率としては非常に小さく、ほとんどのプレイが外れに該当するビデオポーカーは、スロットマシン以上にしっかりと考えて行動しないと、ただお金をビデオポーカーに入れているだけという最悪の展開もあります。

ビデオポーカーの最高配当はそうそう出ない

スロットマシンでも、ジャックポットの確率は数十万回に1回しか出ないといわれるくらい、ほとんど発生することがありません。
ビデオポーカーの最高配当はロイヤルストレートフラッシュに設定されていますが、ロイヤルストレートフラッシュも65万回に1回くらいしか登場しません。
つまり大半のプレイでは出てこない設定とされているので、狙っていくのは無謀に近いのです。

大きな配当を得てしまえば、問題なくビデオポーカーから撤退して出金できる状況を作れるでしょう。
しかし、ジャックポットより出やすいといっても、確率としては65万分の1という小さいものですから、ロイヤルストレートフラッシュはほぼでないと言ってもいいです。
それでもビデオポーカーを遊んでいる人が多いのは、スロットマシンよりも的中率がそれなりに高いことが理由に挙げられます。

攻略法のメリット・デメリット

No Comments

マーチンゲール法

その1:マーチンゲール法

ギャンブルの攻略法として「システムベット」があります。戦略的に「ベット」する手法であり、軍資金をマネージメントしますから、初心者もギャンブルを長く楽しめます。
その手法は、勝負に負けたら「倍賭け」をすればよいのです。簡単でしょう?
ただし、カジノゲームを選ぶ必要があります。勝率50パーセントの配当2倍ゲームで活用してください。

マーチンゲール法のメリット

攻略法として活用したい「システムベット」ですが、複雑な「ベットルール」では初心者が取り組めません。その点「マーチンゲール法」ならば、「ベットルール」が簡単ですから、比較的取り組みやすい手法となります。試してみる価値はあります。

マーチンゲール法のデメリット

1回でも勝てば、負け分を取り戻せる「マーチンゲール法」ですが、意外な「盲点」をご存じでしょうか?それは、想像以上に連敗を重ねると、「ベット額」が高騰してしまう点です。軍資金に余裕があれば、この問題をクリアできるでしょう。しかし、ギャンブル初心者が「たっぷりの軍資金」を用意できるでしょうか?当たり前の話ですが、軍資金が底を尽いてしまえば、ゲームオーバーです。また、「ベットリミット」の問題があります。カジノゲームに設定されている「ベットリミット」を超えて賭けることはできません。この点は業者側も「マーチンゲール法」対策をしていることになります。

2倍配当ルーレット

利用出来るゲーム

基本的には、「勝率50パーセント・配当2倍ゲーム」で活用が可能です。ルーレットの「赤・黒」「偶数・奇数」「ハイ・ロー」やバカラおよびブラックジャックが該当します。

マーチンゲール法の応用

デメリット面を補うために、「マーチンゲール法」を改良しましょう。永遠に倍賭けするのではなく、自分なりのルールを加えるのです。たとえば、「5連敗したら最初から始める」などです。軍資金や「ベットリミット」に注意すれば、加えるべき改良の範囲が分かるでしょう。自分なりの「マーチンゲール法」を編み出せば、ギャンブルをより楽しめるのではないでしょうか?

マーチンゲール法は大勝負が狙える

基本的には「マーチンゲール法」は最小単位から始めて下さい。ただし、「大きな勝ち」をめざすならば、思い切って「2ドル」とか「5ドル」など「大き目の金額」から始めましょう。コツコツと「勝ち分」をキープすれば、想像以上の金額になります。

モンテカルロ法

その2:モンテカルロ法

逸話(いつわ)として、モナコ公国のモンテカルロカジノを破綻させた話が遺されて(のこされて)います。実際にはそのようなことが「あるわけない」のですが、まことしやかに話が出回っているのです。それだけ「画期的」な手法と考えてください。

モンテカルロ法の具体的な手法

急激な「ベット額の高騰」がありませんから、「3倍以上の配当ゲーム」で「じっくり」と活用しましょう。もちろん、「2倍配当ゲーム」でも活用可能ですが、「セッション」が終了した時点でも利益の出ない可能性があります。この手法を始めるには、「メモとペン」を必ず用意してください。そして、「1・2・3」と数列をメモしましょう。この数列を計算して1回目の「ベット額」を導きます。その方法は「両端の数字をプラスすること」です。さっそく両端の数字をプラスしましょう。いくらですか?そうです。「4」になります。ここで勝てばよいのですが、負けた場合には数列を変化させます。具体的には、先ほどの「ベット額」を数列の右端に加えるのです。数列は「1・2・3・4」になります。2回目の「ベット額」を計算しましょう。「1プラス4」ですから、「5」です。それから、勝った場合を記載します。勝った場合には数列の両端を2つ消し込みましょう。そこに先ほどの「ベット額」を右端に加えて計算を続けます。数列が増えたり減ったりしながら、勝負を続けていき、数列が無くなれば「セッション」の終了です。

メモ

モンテカルロ法で感じるメリット

「モンテカルロ法」には数列計算が必要です。計算を駆使して「ベット額」を導き、最終的に「勝ち」をゲットできれば、カジノゲームを攻略した充実感があるでしょう。それから、「ベッティングシステム」には「ベット額の高騰」が気になるものがあります。しかし、「モンテカルロ法」では賭ける金額が急に大きくなりません。じっくりとカジノゲームを楽しむには「うってつけ」ではないでしょうか?

モンテカルロ法で感じるデメリット

少々、数列計算を面倒に感じるかもしれません。また、「2倍配当のゲーム」でこの手法を活用した場合には、「ワンセッション」が終了しても「利益」の出ない可能性があります。時間をかけて「セッション」を終了させても「トータルの勝ち」とならなければ、「がっくり」です。「3倍以上の配当ゲーム」で活用しましょう。